占いやおまじない~スピリチュアルな占い師やおまじないを活用~

言葉の力

昔から言い伝えられているおまじない

「おまじない」という言葉は、日本でも古くから当たり前のように使われてきました。 例えば、子供が怪我をした時などに親が言う「痛いの痛いの飛んで行け」もおまじないの一つです。 正直なところ、こういったおまじないには何の根拠もないと感じるものが多いです。 ですが、それでもおまじないを行うと不思議とその通りになることが多いのです。 それは一体何故でしょうか。 実は、おまじないをすることには、ちゃんとした理由があるのです。 おまじないは、昔の人の賢い知恵から作られたものでもあり、それが人々に役立つことであるからこそ、今の現代でも言い伝え続けられているのです。 強力なおまじないというものは、どのような思いで人々が作り上げたものなのか、調べてみるととてもおもしろいことが分ります。

強力な効果を発揮させることができます

昔から言い伝えられているおまじないには、人間の心理を操って良い方向へ導いてくれる効果があります。 怪我をした子供に「痛いの痛いの飛んで行け」を行うことも、痛いと思う子供の気をそらすための心理作戦なのです。 痛みがどこかへ飛んで行ってしまったと思わせることで、痛みが和らいだような錯覚を引き起こすのです。 すると子供は、今まで泣きじゃくっていたことが嘘だったかように、不思議と泣き止むのです。 このように、昔から言い伝えられているような強力に効くおまじないは、深く追求することで本当の意味が分ることがあります。 ですから、強力なおまじないの効果を得るためには、信じて思い込むことで強力に発揮されるものだと言えるのです。